静岡県 富士市 法律 弁護士 裁判 倒産 離婚 相談

ご相談・事件依頼への流れ

ご相談の予約 ※電話またはメールにて、お願い致します。

ご相談の内容について簡単にご説明頂き、ご相談の日時・時間を決定します。なお相談料は30分まで5,000円で、債務整理(クレサラ)については初回相談料は無料です。また事件を頼みたいと考えている方についても、まずご相談からスタートです。

ご相談の実施

基本的に事務所の通常の営業時間(月曜日~金曜日、祝日を除く)の午前9:00~午後5:00の時間で、ご相談者と弁護士の調整出来る時間で実施します。(ご高齢、ご病気、障害をお持ちで事務所に来ることが出来ない場合には、交通費が割り増しにはなりますが、出張でご相談をうけることも実施しております。また緊急で時間外でご相談されたいという方についても対応をさせて頂いております。詳細についてはお電話でお問い合わせ下さい。)
なお、ご相談に当たっては関係すると思われる書類一切をお持ち下さい。またこれまでの経緯や事情、ご相談の内容を簡単に書いて来て頂けると相談が効率的になると思われます。

ご相談での解決

弁護士とのご相談の結果、問題点は解決した、または疑問が氷解したという方は、ご相談だけで終了です。

事件処理についての費用のお問い合わせ

弁護士とのご相談の結果、交渉や調停・裁判等の手続を行なわなければならなくなった場合に、ご相談者の方で当事務所にこれらを任せても良いとお考えになるのであれば、まず費用がいくら掛かるかをお尋ね下さい。最初から事件を依頼されたいということで来訪された方も同様です。
これらの費用については、電話などではお答えしておらず、必ずご相談を経てからお答えしています。なぜなら事件は千差万別であり、同じ離婚事件、破産事件と言っても、その内容、解決の困難性、解決までに掛かる時間は全く異なるので、ご相談を受けないとお答えしようがないからです。

事件のご依頼

費用についての説明を受け、これが納得出来る金額であり、交渉、調停、裁判等の手続を当事務所に依頼されようと思う方は、委任契約書を作成し、委任状に署名捺印頂き、一定額の費用をお支払い頂き、事件をご依頼頂くことになります。

ご相談だけで事件をご依頼されない場合

ご相談の後、費用について説明を受け、「どうも納得いかない、高すぎる」とか、「どうもこの弁護士とは上手くやれそうもない」、「自分の希望に添う解決をしてくれそうもない」と考えられる方については、もちろんご相談だけでお帰り頂いて結構です。弁護士と依頼者の関係は、医者と患者に例えられますが、事件解決まで長期間に渡る可能性もある訳ですから、依頼者が満足を得る結果となるためにも、信頼関係の維持が一番重要な要素だからです。

取扱業務一覧

民事一般

○不動産関係・・・・・・・・・・・・・土地、建物の売買や賃貸借、契約等その他紛争
○交通事故、医療事故等・・・・各種事故に関する交渉、訴訟
○多重債務・・・・・・・・・・・・・・・債務整理、破産、民事再生(企業・個人小規模再生)、過払い金取り戻し等
○消費者問題・・・・・・・・・・・・・製造物責任や証券・先物取引、詐欺商法被害等
○契約関係・・・・・・・・・・・・・・・一般の取引契約等に関する紛争
※その他民事紛争に関する相談、交渉、訴訟全般

家事

○婚姻、相続、遺言、成年後見等

企業関連

○破産、民事再生、任意整理等企業の再建、清算
○売掛金、手形金等の保全や回収
○株式会社の運営の法律的指導、企業のコンプライアンス、法的手続きによる会社支配権の整序、
  中小企業の事業継承、企業再編など
○独占禁止法、金融商品取引法などの経済特別法関連
○個人情報保護法関連

労働関係

○解雇、雇い止め、賃金関係など労働関係全般、労災事故、セクハラ・パワハラ、公益通報者の支援等

外国人関係

○国籍・ビザ、離婚、相続、出入国、国際結婚などその他の外国人の人権

刑事事件

○捜査弁護や公判弁護等、刑事事件一般
○経済事犯やその他特殊刑事事件弁護